神前式
人前式
チャペル式
神前式
神前式 日本古来の神々の御前でふたりの永遠の誓いを・・・・

神前式が日本の文化として定着したのは、明治33(1900)年、大正天皇(当時皇太子)が宮中三殿の賢所の 御神前にてご婚儀を執り行ったことをきっかけに、神社で結婚式を行うことが一般に浸透しました。
その後、ホテル内に神殿を設けることが増加し、神前式は日本の文化として定着してきました。

さまざまな結婚式のスタイルがある中、雅で和の心がある神前式は格式の高いより神聖なものとされています。

非日常的で清らか、神秘的で格調高く美しい。
古風で由緒ある世界で取り仕切られる儀式は、喜びと幸せを一層輝かせ、鮮やかに心に記憶されることでし ょう。

神前式 三つの魅力
伝統ある格式高いお式
no1
伝統ある格式高いお式

伝統ある厳粛な純和風の式を行えます。白 無垢だけでなく、色打掛での挙式も新鮮です。

幅ひろいゲストと一緒に
no2
幅ひろいゲストと一緒に

神前式は、親族のみで行うこともできますが、最近では友人や会社関係の方に同席いただくこともできます。

岩国ならではの演出
no3
岩国ならではの演出

お式後、ご親族やご友人・会社関係の方々と錦帯橋を渡ることができます。

近隣の神社で挙げられる由緒ある本格神前式
本格和婚神前式

凛とはりつめた空気の中に清らかな緊張感。荘厳な神前結婚式は華やかな衣装や神社の醸し出す雰囲気だけを満喫するのではなく、お二人の絆を深める大切な儀式でもあります。
椎尾八幡宮(しいのおはちまんぐう)をはじめホテル近隣の神社で神前式をあげることができます。
準備・移動・挙式からパーティまでスムーズに当ホテルでサポートしていますので、安心して当日をお迎えいただけます。

本格和婚神前式
本格和婚神前式の流れ

参進(さんしん)・入場・着席
神職・巫女・新郎新婦・ご媒酌人・ご両親・ご親族の順で社殿まで歩き、社殿内の神前に向って右側には新郎・ご両親・ ご親族、左側には新婦・ご両親・ご親族が互いに向かい合うように着席していただきます。

祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主(さいしゅ)により、神様に結婚のご報告と永遠の幸せをお祈りします。

誓盃の議(せいはいのぎ)
新郎新婦が、小・中・大の三つ重ねの盃で交互にお神酒を飲み交わし、夫婦の永遠の契りを結ぶ儀式です。
指輪の交換・誓詞奉読(せいしほうどく)
互いの左薬手指に、神職が三方に納めた指輪を納めた後、新郎新婦が神前で、誓いの言葉を読み上げます。

斎主挨拶
神前式を執り行いました神職より、お祝いのご挨拶を申し上げます。

退場
巫女の先導により退出します。

page top
人前式
神前式 日本古来の神々の御前でふたりの永遠の誓いを・・・・

大切なご家族、ご親戚、ご友人などゲスト全員に証人になっていただき、結婚をおふたりらしい言葉で宣言する人前式。

ゲストに見守られ、そのアットホームな雰囲気の人前式は人気の高い挙式スタイルとなっております。
当ホテルでは、自然と融合した錦帯橋をバックにしたチャペル式人前式と、白無垢に身を包み、日常とは離れた厳かで格式高い雰囲気の和装人ど前式なお二人のご要望にあったスタイルをご用意しています。

一生に一度のこのホテルで挙げる結婚式を忘れられない思い出として深く刻みます。

人前式 三つの魅力
伝統ある格式高いお式
no1
自由でオリジナルの演出

宗教にとらわれない自由な形式ですので、お二人が自由に演出・進行を決められます。

二人が紡ぐ愛の誓い
no2
二人が紡ぐ愛の誓い

ご親族と大切なゲストの方々がお二人の誓いに証人となります。

岩国ならではの演出
no3
岩国ならではの演出

古式ゆかしい伝統的な美しさとアウトドアでゲストと一緒という新しい風

page top
チャペル式
  蒼い空も祝福、光に包まれ    幸せのバージンロード

「和」と「洋」が結びあう瞬間はお二人が出会われた瞬間に似ているかもしれません。それは運命的な瞬間。
  屋上で上げるチャペル式挙式は蒼い空にまっすぐ向かっているかのような天につづく真っ白いバージンロード。
それを優しく見守るのはゲストだけではなく優しくたたずむ「錦帯橋」もお二人の幸せを見守ってくれます。

お二人の永遠の思い出となるここにしかないお式をあげることができます。

お二人だけではなく、ゲストの胸にも深く印象に残る・・・そんなお式を私たちはご提案いたします。

チャペル式 三つの魅力
錦帯橋に向かうバージンロード
no1
錦帯橋に向かうバージンロード

永遠の愛を誓うクロスの向こうに「錦帯橋」が優しくたたずんでいます。

神の前で永久の愛を誓う
no2
神の前で永久の愛を誓う

異国情緒の雰囲気で日常とかけはなれた空間へ。

岩国ならではの演出
no3
岩国ならではの演出

錦帯橋をバックに大切なゲストと思い出を。 解放感にあふれた演出

page top