周辺観光

  • ぶらり散策
  • 足を延ばして
  • ゴルフ場案内
  • 城下町を巡る
  • 鵜飼
  • 歳時記

宇野千代の名作「おはん」の舞台岩国城下町マップ

ここ、岩国城下町を舞台にした物語、宇野千代の名作「おはん」岩国には、千代が日本中に自慢した錦帯橋や文学碑、千代の生家が点在し千代ゆかりの町並み、山河が昔と変わりなく息づいています。-お国はどちらですか、と訊かれると、「岩国です。あの錦帯橋の」と答えるのが私の癖である。いつ帰って見ても錦川の水は澄んでいる。魚が泳いでいるのがよく見える。春夏秋冬の錦帯橋は、それぞれに美しいが、桜の頃の錦帯橋は、特に大好きである。この錦帯橋をわたる度、私は何とも言えない幸福な気持ちになる。いくら自慢しても自慢しきれないほどの気持ちになるのです。

岩国城下町 女性 岩国城下町周辺地図
宇野千代生家
1宇野千代生家
明治期の建物で、1970年 (昭和45年) には千代により、ほぼ昔のままに修復されました。
教蓮寺
2教蓮寺
98歳で逝去した宇野千代の墓所がある教蓮寺。千代の好んだ薄墨桜とモミジが見守っています。
大師院
3大師院
おはんと加納屋の新居がこの近くにありました。
臥龍橋
4臥龍橋
おはんと加納屋が再開した橋です。
龍江淵
5龍江淵
小説 おはんの息子悟が命を落とした場所です。
鉄砲小路
6鉄砲小路
この付近に鉄砲組が住んでいました。おはんの叔母の家があったところです。
岩国学校教育資料館
7岩国学校教育資料館
寺子屋時代から現代までの教科書や民俗資料が展示されています。
よしだ
8よしだ
食事処よしだ。おはんに花屋として登場しています。
深川
9深川
「料亭 深川」 には小説家吉川英治も滞在していました。
錦帯橋
10錦帯橋
特異な姿の五連の反り橋が特徴の日本を代表する木造橋です。
吉香公園
11吉香公園
日本歴史公園百選に選ばれました。中央の大噴水の放水時には虹が見られます。
紅葉谷公園
12紅葉谷公園
弥山麓の谷あい、紅葉谷川に沿って広がる、紅葉の色鮮やかな公園です。その歴史は江戸時代と伝えられます。
岩国城
13岩国城
錦川を天然の堀とし、岩国市街を見渡す横山にあるお城です。初代藩主吉川広家によって1608年に作られました。1月10日~3月3日は土・日・祝のみ開館。ロープウェイは点検のため終日運休
妙見社の大イチョウ
14妙見社の大イチョウ
樹齢700年の大イチョウがある妙見社。この樹は雄株で実がならず、秋には迫力のある紅葉がみられます。
水西書院
15水西書院
旧岩国藩主吉川家の仮住居として建てられました。大きな建物、広い庭、長く続く塀が特徴です。
とことこトレイン
とことこトレイン
明治期の建物で、1970年 (昭和45年) には千代により、ほぼ昔のままに修復されました。
美川ムーバレー
美川ムーバレー
鉱山跡を利用したテーマパーク。古代伝説の地・ムー大陸をイメージした神殿や神秘の湖など15のゾーンが迷路で結ばれています。
岩国美術館+柏原コレクション
岩国美術館+柏原コレクション
全国でも珍しい、古武具の展示館として有名です。約200点を常時展示。年4回の展示替えを始め、様々な特別展、企画展も開催しています。
佐々木小次郎像
佐々木小次郎像
吉川英治の小説「宮本武蔵」では岩国出身とされている。錦帯橋のすぐそばに建っています。

夏の風物詩錦帯橋の鵜飼

鵜飼
  • 鵜舟
  • かがり火

「錦帯橋」を背景に、当ホテル目の前の錦川で行われる鵜飼。
美しくライトアップされた錦帯橋、鵜舟のかがり火に照らされて、鵜匠が巧みな手綱さばきで鵜をあやつります。
幻想的で神秘的な光景が楽しめる、岩国自慢の夏の風物詩です。

鵜飼
春
3月 錦帯橋ロードレース
4月 お花見シーズン
4月 府谷シバザクラまつり
4月 錦帯橋まつり
夏
6月から9月 錦帯橋の鵜飼
6月 府谷ほたるまつり
7月 岩国港みなと祭花火大会
7月 ゆう土曜夜市
7月 玖珂夏祭り
7月 夜~遊びフェスタ
8月 錦川水の祭典
8月 しゅうとう花火大会

岩国の歳時記

秋
9月 岩国城ロープウェー観月運転
10月 岩国祭(芸能大会)
10月 沼田ふれあいまつり
11月 美和サンチャロウまつり
11月 鞍掛城まつり
11月 周東食肉フェア
冬
1月 岩国藩鉄砲隊の初放し
1月 初日の出早朝運転
1月 消防出初式
  • 野の花
  • 花火
  • 紅葉
  • 橋
  • ぶらり散策
  • 足を延ばして
  • ゴルフ